相続税法改正まで1カ月… 親にうまく話を切り出すキッカケは?

公開日: 更新日:

 来年1月から相続税法が改正される。基礎控除が減額されるため、相続税を支払う対象者は現行の1.5倍に増えるといわれている。こうした状況の中、老人たちを狙って、相続税対策のために「教育信託を始めましょう」とか「保険に入るとトク」など、業者の売り込みも激しくなっている。
 この際、相続について親とジックリ話し合いをしておきたいが、カネの話だけになかなか切り出しにくい。いつ、何をキッカケに話をするのがベターか?

 今年は相続の相談が明らかに増えたという「MAC松丸会計事務所」の松丸隆一所長が言う。
「顧問先からの相談では、息子さんからキッカケをつくる場合があります。<税理士さんから相続対策でソロソロ手を打った方がいいとオヤジに勧めてくれませんか>といった感じです。我々は中小企業オーナーの財産管理をやるケースも多いので、これを受けて父親に<今度、息子さんと3人で話し合いましょう>と水を向ける。そこで大まかな方針を決めて、後継者など具体策は親子2人で話し合ってもらいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る