来年から税制改正 都市部暮らしが備えるべき相続税対策

公開日:  更新日:

 来年から相続税の基礎控除額が、「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から「3000万円+600万円×法定相続人の数」に減額される。この大幅ダウンで、相続税の対象者が従来の1・5倍に増える。そのほとんどは、東京や横浜、名古屋、大阪など地価が高いエリアに実家がある人だ。

 ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏が言う。
「60代の親は、老後資金として退職金を中心に3000万円くらいの預金があります。相続人が妻と子供2人と仮定すると、相続税の基礎控除額は4800万円なので、自宅の評価額が1800万円を超えると、相続税の対象になる。都市部では、かなりの方が相続税の対象者になるとみられます。不安になった子供が親を連れて相談に来られるケースが増えています」

 そこで、重要なのが実家にかかる相続税評価額を減らすこと。どうすればいいか。紀平氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る