「65歳定年」から一足飛び 「70歳定年」でみな不幸になる

公開日: 更新日:

 昨年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行され、この1年半ほどで“65歳定年時代”が一気に進んだ。厚生労働省発表の「高齢者の雇用状況集計結果」によると、“希望者全員が65歳まで働くことができる”措置を実施した企業は98.1%に上る(今年6月1日時点)。さらに、同調査では70歳までの雇用確保措置を実施した企業は「19%」としている。

 70歳まで生きがいがある──といえば聞こえはいい。が、現実はいいことばかりではない。65歳定年制の実施が、年金の受給開始年齢の引き上げとリンクしているのは言わずもがな。今度は、あと数年後に受給開始年齢を70歳にしたいという国の思惑が透けて見える。

 近い将来、70歳定年時代が声高に叫ばれ始めるのだろうが、そんなのまっぴら御免。なぜなら──。

■30~40代へのシワ寄せが一段と進む

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る