マッキー牧元氏厳選 タイプ別“愛とコーフンの元気鍋”5店

公開日: 更新日:

「目黒暖炉」和牛もつ鍋

 さむ~い冬は鍋を囲むに限る! 「間違いだらけの鍋奉行」(講談社)の著者で、年365日、食べ歩きの日々を送るタベアルキストのマッキー牧元氏が、都内で食べられる絶品鍋5軒をひと言コメントとともに、タイプ別に厳選。あなたが元気になる鍋へと誘います――。

■ザックバランなあなたは…

 定番の醤油か、こっくりとした口当たりの白味噌か、四川さんしょを効かせた麻婆由来の辛味噌か。三者択一で悩んだら、1番人気の白味噌を。西京味噌と白ごまペーストが織り成すほのかな甘味と深いコクが後を引く。もつは和牛のハツとぷりっぷりの小腸の2部位。一度沈んだもつが浮き上がってきた時が食べ頃。でもって「野菜は別盛りで注文し、適時投入するべし。煮過ぎは厳禁」(牧元氏)。唐辛子各種、ゆずこしょうなど12種ある薬味は無料サービス。白味噌ベースには爽やかな香りの四川さんしょがよく合う。締めのご飯を入れる頃は鍋もクリームシチューと化し、リゾットにしてフィニッシュ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  5. 5

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る