• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マッキー牧元氏厳選 タイプ別“愛とコーフンの元気鍋”5店

「目黒暖炉」和牛もつ鍋

 さむ~い冬は鍋を囲むに限る! 「間違いだらけの鍋奉行」(講談社)の著者で、年365日、食べ歩きの日々を送るタベアルキストのマッキー牧元氏が、都内で食べられる絶品鍋5軒をひと言コメントとともに、タイプ別に厳選。あなたが元気になる鍋へと誘います――。

■ザックバランなあなたは…

 定番の醤油か、こっくりとした口当たりの白味噌か、四川さんしょを効かせた麻婆由来の辛味噌か。三者択一で悩んだら、1番人気の白味噌を。西京味噌と白ごまペーストが織り成すほのかな甘味と深いコクが後を引く。もつは和牛のハツとぷりっぷりの小腸の2部位。一度沈んだもつが浮き上がってきた時が食べ頃。でもって「野菜は別盛りで注文し、適時投入するべし。煮過ぎは厳禁」(牧元氏)。唐辛子各種、ゆずこしょうなど12種ある薬味は無料サービス。白味噌ベースには爽やかな香りの四川さんしょがよく合う。締めのご飯を入れる頃は鍋もクリームシチューと化し、リゾットにしてフィニッシュ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る