マッキー牧元氏厳選 タイプ別“愛とコーフンの元気鍋”5店

公開日:  更新日:

「目黒暖炉」和牛もつ鍋

 さむ~い冬は鍋を囲むに限る! 「間違いだらけの鍋奉行」(講談社)の著者で、年365日、食べ歩きの日々を送るタベアルキストのマッキー牧元氏が、都内で食べられる絶品鍋5軒をひと言コメントとともに、タイプ別に厳選。あなたが元気になる鍋へと誘います――。

■ザックバランなあなたは…

 定番の醤油か、こっくりとした口当たりの白味噌か、四川さんしょを効かせた麻婆由来の辛味噌か。三者択一で悩んだら、1番人気の白味噌を。西京味噌と白ごまペーストが織り成すほのかな甘味と深いコクが後を引く。もつは和牛のハツとぷりっぷりの小腸の2部位。一度沈んだもつが浮き上がってきた時が食べ頃。でもって「野菜は別盛りで注文し、適時投入するべし。煮過ぎは厳禁」(牧元氏)。唐辛子各種、ゆずこしょうなど12種ある薬味は無料サービス。白味噌ベースには爽やかな香りの四川さんしょがよく合う。締めのご飯を入れる頃は鍋もクリームシチューと化し、リゾットにしてフィニッシュ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る