グルメで健康志向! ヤックンをとりこにしたビストロ「ガンヴィーノ」の海鮮冷麺

公開日:  更新日:

 盛岡冷麺は、じゃじゃ麺、わんこそばと並ぶ盛岡三大麺のひとつ。渋谷にある「ガンヴィーノ」は独創的な冷麺が味わえる店として密かに人気を集めているビストロだ。

 場所は渋谷駅から10分ほど歩いた、青山学院大学の裏手。店名は岩手県の「岩(ガン)」と「ワイン(ヴィーノ)」に由来していて、岩手の食材をふんだんに使ったオリジナリティーあふれるフレンチイタリアンが魅力。

「岩手の食材をテーマにしたのは、震災後の復興に少しでも力になりたいと考えたから」と話すのは、岩手県出身のシェフ、遠藤悟さん。

「地元に何かいい食材はないかと探していて、たまたま出合ったのがこの冷麺でした。麺にワカメが練り込まれていて、食べてみるとフワッと磯の香りがする。これは魚介に合うのでは?と思い、地元の魚介を使った“海鮮冷麺”というアイデアがすぐに浮かびました。ビストロでワインを飲んだ後、最後は冷麺でシメる、そんな新しい提案をしてみようと考えたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る