女性皇族御用達アイテム「プチポアン」で女子力アップ

公開日:  更新日:

 成年を迎えられた秋篠宮家の次女佳子さまの愛くるしさから、皇室人気が高まっている。

 ロイヤルファミリーといえば、時代を問わず注目を集めるのがそのファッション。女性皇族と縁が深いアイテムのひとつが、細密刺繍「プチポアン」のフォーマルバッグだ。園遊会などでよく見られている。

 プチポアンの起源は、マリア・テレジアやマリー・アントワネットを生んだオーストリアのハプスブルグ家までさかのぼる。希少な職人の伝統芸を日本に広めたのが、1960年代に流行した「スウェーデン刺繍」の考案者でもある久家道子氏(83)だ。

 久家氏がヨーロッパで買い求めたプチポアンのアンティークバッグコレクションや、プチポアン刺繍協会員が手掛けたバッグなどの作品展が新宿京王プラザホテルで18日まで開催されている。17日には久家氏のトークショーも予定。

 女性の雰囲気はアイテムひとつで変わる。ロイヤルファミリーの品位にあやかりたければぜひ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る