日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【トリンプ】年功は関係なく、給与は成績と上司評価で決まる

 LINEの羊キャラが話題になっているトリンプ・インターナショナル・ジャパン。営業職のAさん(35)の年収は500万円。外資系だけに評価はシビアだという。

 Aさんは「年2回の上司面談で統一された目標やKPI(重要業績評価指標)の達成度が評価されます。役職と等級が上がれば給与が上がるシステム。年功序列は一切なく、全ては数字次第ですね」と話す。

 とはいえ、評価は上司次第という面もあり、日ごろからのコミュニケーションは欠かせない。和洋折衷といった感じだ。

 また、女性が多い職場なので産休や育休を取る社員も多い。下着の社割もあるので奥さんには好評なのだという。

「業務は個人任せで、私は他社でSV(スーパーバイザー)の経験があるので伸び伸びと仕事をしています。休暇も適当に取っていますので、ライフワークバランスも満足。在宅勤務も導入されています。ただ、プロパー社員は大変なようで、残業代はほぼゼロなので、昇給がなければ給与はかなり安くなる。会社から徹底的に叩き込まれるPDCA(plan計画、do実行、check評価、act改善)が実行できない人は、3年以内に辞めていきますね」とAさん。

 世相ブラなど、奇抜なアイデアも自慢の同社。仕事のできる人にとっては快適な職場のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事