【中央区立京橋図書館】開館は1世紀以上前

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は1丁目1番地1号にある“名物図書館”です。

 中央区立京橋図書館は都内でも屈指の「お宝図書館」です。通によると千代田、深川、そしてこの京橋は別格だとか。歴史が違う!

 今から103年前の1911年2月、「京橋区にある要の図書館」なる役割を担い、東京市立の簡易図書館として開館。ちなみに中央区内にはほかに「日本橋図書館」「月島図書館」がありますが、全館揃って1世紀以上の歴史があるのは非常に珍しいそうです。

 2度の引っ越しを経て、1970年以降は区役所本庁舎内の地下1階&2階という立地。地上11階、地下3階建て、総工費14億8900万円をかけた地域のシンボルです。外見では分かりにくいのですが、この建物、実は六角形。現在は建物の近くには首都高が走っていますが、その場所にはかつて築地川が流れていました。川のほとりに近代建築の図書館――当時のロケーションを想像しながら訪れるのもまた一興です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る