【越後寿司】天然インドマグロの生は「骨の入り方」で分かる

公開日:  更新日:

東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は家や職場の近くでなくても、通いたくなるお寿司屋さんです。

 登場いただくべきか、正直、悩みました。晴海通り沿い、築地4丁目交差点近くにある「越後寿司」さん。決して行きづらい店ではありませんが、先代からの常連客に加え、グルマンたちも足しげく通い、10人も座れば満席のカウンター。ね、秘密にしておきたくなるってもんでしょ。

 市場関係者や水産業者の間で知られた名店。築地でも有数の天然インドマグロの生がいただけます。大間や戸井といった近海本マグロ至上主義の昨今、たしかにうまいものはうまい。でも、それ以外はマグロにあらずかといえば、決してそうではない――そう実感できるのがこちらです。さっぱりとした後口は、酢飯との相性もバツグンで、思わず笑みがこぼれます。ちなみに、天然のインドマグロは「骨の入り方」で見る人が見るとすぐに分かるそうです。詳細はご主人とのカウンター談議でどうぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る