【越後寿司】天然インドマグロの生は「骨の入り方」で分かる

公開日: 更新日:

東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は家や職場の近くでなくても、通いたくなるお寿司屋さんです。

 登場いただくべきか、正直、悩みました。晴海通り沿い、築地4丁目交差点近くにある「越後寿司」さん。決して行きづらい店ではありませんが、先代からの常連客に加え、グルマンたちも足しげく通い、10人も座れば満席のカウンター。ね、秘密にしておきたくなるってもんでしょ。

 市場関係者や水産業者の間で知られた名店。築地でも有数の天然インドマグロの生がいただけます。大間や戸井といった近海本マグロ至上主義の昨今、たしかにうまいものはうまい。でも、それ以外はマグロにあらずかといえば、決してそうではない――そう実感できるのがこちらです。さっぱりとした後口は、酢飯との相性もバツグンで、思わず笑みがこぼれます。ちなみに、天然のインドマグロは「骨の入り方」で見る人が見るとすぐに分かるそうです。詳細はご主人とのカウンター談議でどうぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る