• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【越後寿司】天然インドマグロの生は「骨の入り方」で分かる

東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の情報を紹介する「築地新聞」。今回は家や職場の近くでなくても、通いたくなるお寿司屋さんです。

 登場いただくべきか、正直、悩みました。晴海通り沿い、築地4丁目交差点近くにある「越後寿司」さん。決して行きづらい店ではありませんが、先代からの常連客に加え、グルマンたちも足しげく通い、10人も座れば満席のカウンター。ね、秘密にしておきたくなるってもんでしょ。

 市場関係者や水産業者の間で知られた名店。築地でも有数の天然インドマグロの生がいただけます。大間や戸井といった近海本マグロ至上主義の昨今、たしかにうまいものはうまい。でも、それ以外はマグロにあらずかといえば、決してそうではない――そう実感できるのがこちらです。さっぱりとした後口は、酢飯との相性もバツグンで、思わず笑みがこぼれます。ちなみに、天然のインドマグロは「骨の入り方」で見る人が見るとすぐに分かるそうです。詳細はご主人とのカウンター談議でどうぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る