【うおがし銘茶】誰が淹れてもおいしいお茶

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は「深蒸し煎茶」を世に広めた日本茶専門店です。

♪夏も近づくはちじゅうはちや~の歌い出しで知られる日本の童謡「茶摘み」。そう、立春から数えて88日目にあたる5月初めは新茶シーズン真っ盛り。露地栽培された正真正銘の新茶が商品棚に並ぶ「うおがし銘茶」に行かない手はありません!

 1931年創業、「深蒸し煎茶」をいち早く取り入れたお店です。専門用語で水色と呼ばれるお茶の色は「金色透明」。よく見かけるどろっとした濃緑色の深蒸し茶とはイメージが違うって? はい、うおがし銘茶さんが正統派です。原料となる茶葉を厳選し、昔ながらのよく蒸す製法を採用。「見た目や格式より味」を重視した静岡県伊豆出身の初代・土屋正氏が取り入れ、ここ河岸のお膝元で普及に努めたそう。築地市場では当たり前になった試飲スタイルの発祥店でもあり、格式ばったお茶屋の敷居を下げたことでも知られています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る