• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【うおがし銘茶】誰が淹れてもおいしいお茶

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は「深蒸し煎茶」を世に広めた日本茶専門店です。

♪夏も近づくはちじゅうはちや~の歌い出しで知られる日本の童謡「茶摘み」。そう、立春から数えて88日目にあたる5月初めは新茶シーズン真っ盛り。露地栽培された正真正銘の新茶が商品棚に並ぶ「うおがし銘茶」に行かない手はありません!

 1931年創業、「深蒸し煎茶」をいち早く取り入れたお店です。専門用語で水色と呼ばれるお茶の色は「金色透明」。よく見かけるどろっとした濃緑色の深蒸し茶とはイメージが違うって? はい、うおがし銘茶さんが正統派です。原料となる茶葉を厳選し、昔ながらのよく蒸す製法を採用。「見た目や格式より味」を重視した静岡県伊豆出身の初代・土屋正氏が取り入れ、ここ河岸のお膝元で普及に努めたそう。築地市場では当たり前になった試飲スタイルの発祥店でもあり、格式ばったお茶屋の敷居を下げたことでも知られています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る