【魚みち】店看板の刺し盛りは一食の価値あり!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は希少となった昔ながらの魚屋さんです。

 盲点を突きまっせ。新大橋通りと並行する通りに面した「魚みち」は河岸のお膝元で唯一、小売り専門の魚屋さんです。

 外からはショーケースの中身がうかがい知れず、軒先では常連さんが茶飲み談議に花を咲かせ、一見を寄せ付けないサロン的な雰囲気……でも、実際はとっても気さく。

「いらっしゃいませ!」。バンダナがお似合いの2代目主人・安居院徳子さん(67)が魚をさばく手を休め、気持ちよく対応してくれます。

 戦後まもなくこの地に開業した初代から譲り受け、35年ほど前からは徳子さんが切り盛り。店名は先代の名前の一字をとり、「魚道」だったそうですが、代替わりを機に「お客さんにソフトな印象を持ってもらえるよう平仮名にしてみたんです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る