• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【魚みち】店看板の刺し盛りは一食の価値あり!

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は希少となった昔ながらの魚屋さんです。

 盲点を突きまっせ。新大橋通りと並行する通りに面した「魚みち」は河岸のお膝元で唯一、小売り専門の魚屋さんです。

 外からはショーケースの中身がうかがい知れず、軒先では常連さんが茶飲み談議に花を咲かせ、一見を寄せ付けないサロン的な雰囲気……でも、実際はとっても気さく。

「いらっしゃいませ!」。バンダナがお似合いの2代目主人・安居院徳子さん(67)が魚をさばく手を休め、気持ちよく対応してくれます。

 戦後まもなくこの地に開業した初代から譲り受け、35年ほど前からは徳子さんが切り盛り。店名は先代の名前の一字をとり、「魚道」だったそうですが、代替わりを機に「お客さんにソフトな印象を持ってもらえるよう平仮名にしてみたんです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る