【魚みち】店看板の刺し盛りは一食の価値あり!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎水曜、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は希少となった昔ながらの魚屋さんです。

 盲点を突きまっせ。新大橋通りと並行する通りに面した「魚みち」は河岸のお膝元で唯一、小売り専門の魚屋さんです。

 外からはショーケースの中身がうかがい知れず、軒先では常連さんが茶飲み談議に花を咲かせ、一見を寄せ付けないサロン的な雰囲気……でも、実際はとっても気さく。

「いらっしゃいませ!」。バンダナがお似合いの2代目主人・安居院徳子さん(67)が魚をさばく手を休め、気持ちよく対応してくれます。

 戦後まもなくこの地に開業した初代から譲り受け、35年ほど前からは徳子さんが切り盛り。店名は先代の名前の一字をとり、「魚道」だったそうですが、代替わりを機に「お客さんにソフトな印象を持ってもらえるよう平仮名にしてみたんです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る