【生寒天とお豆の店 天まめ】体にやさしい「軽食」はいかが?

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈のスイーツで唯一、あのグルメサイトで評価された“甘味処”です。

 ほんの少し前に食べログが「東京ベストスイーツ2014」を発表。〈53万人のユーザーから選ばれた珠玉のパティスリー135軒〉という触れ込みで、和洋さまざまなお店が載っているのですが、築地で一軒だけランクインしたお店があるんです。生寒“天”とお“豆”が看板商品の「天まめ」さん。えー、ミーハーです。ひと足先にちょうだいしてまいりました。

 屋号をつけた「てんまめ」(小鉢の自家製ピクルス付き780円)。ふっくらと炊かれた小豆、赤エンドウ、白インゲン、黒豆が奇麗にちりばめられ、黒蜜を添えて出てくるわけですが、やっぱり驚くのは、メーンの生寒天。原藻であるテングサ本来のポテンシャルを感じます。そんじょそこらの味気ない寒天とはまったくの別物。一度干して水分を抜き、棒や粉末、糸状にした乾物の寒天とは似て非なるもので、ほのかに感じる香りといい、風味といい、しみじ~みと五感に訴えてきます。食べると心地よい弾力があり、見た目もきれいな黄金色。テングサの2大名産地のひとつ、神津島産ならではの持ち味だそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る