尾上松也もひいきにする“なごやめし”が自慢のダイニングバー「gz」

公開日:  更新日:

 歌舞伎界のプリンスといえば、この人、尾上松也(30)だが、ひいきにしている店が歌舞伎座近くにあるダイニングバーの「gz」。

 場所は晴海通りを挟んですぐの路地裏。名物の“なごやめし”をはじめとする多彩な創作料理をおしゃれな空間でカジュアルに楽しめるのが魅力だ。「“名古屋の味を気軽にバル感覚で”が当店のコンセプト」と話すのはマネジャーの田中俊一さん。名古屋発祥の企業が展開する店だけに、地元の料理へのこだわりはひとしおだ。

「串カツ、手羽先、台湾ラーメンに小倉トーストまで、名古屋名物はほとんど網羅しています。八丁味噌のブレンドも当店オリジナル。定番のなごやめしから、ひと工夫こらした新感覚のなごやめしまで、当店ならではの味を楽しんでいただきたいですね」

 1番人気のメニューは「味噌串カツ」(1本130円、オーダーは3本~)。名古屋では定番中の定番だが、この店では八丁味噌の甘さをやや抑え、関東の人でも食べやすいようにさっぱりめに仕上げているという。口に入れると、薄めの衣のサクサク感と、豚ロースのジューシーな食感が絶妙! 味噌のほどよい甘さと豊かな風味が後を引き、思わずビールがすすむ逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る