尾上松也もひいきにする“なごやめし”が自慢のダイニングバー「gz」

公開日:  更新日:

 歌舞伎界のプリンスといえば、この人、尾上松也(30)だが、ひいきにしている店が歌舞伎座近くにあるダイニングバーの「gz」。

 場所は晴海通りを挟んですぐの路地裏。名物の“なごやめし”をはじめとする多彩な創作料理をおしゃれな空間でカジュアルに楽しめるのが魅力だ。「“名古屋の味を気軽にバル感覚で”が当店のコンセプト」と話すのはマネジャーの田中俊一さん。名古屋発祥の企業が展開する店だけに、地元の料理へのこだわりはひとしおだ。

「串カツ、手羽先、台湾ラーメンに小倉トーストまで、名古屋名物はほとんど網羅しています。八丁味噌のブレンドも当店オリジナル。定番のなごやめしから、ひと工夫こらした新感覚のなごやめしまで、当店ならではの味を楽しんでいただきたいですね」

 1番人気のメニューは「味噌串カツ」(1本130円、オーダーは3本~)。名古屋では定番中の定番だが、この店では八丁味噌の甘さをやや抑え、関東の人でも食べやすいようにさっぱりめに仕上げているという。口に入れると、薄めの衣のサクサク感と、豚ロースのジューシーな食感が絶妙! 味噌のほどよい甘さと豊かな風味が後を引き、思わずビールがすすむ逸品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る