ひと工夫でスーツが武器に 失敗なしの「鉄板コーディネート」

公開日: 更新日:

 春は何かと仕事が増える。新規事業のプレゼン、挨拶回り、会議、そして謝罪――。こんなとき、一体何を着る? いつもスーツは同じという人も多いが、それは間違い。実はちょっとした工夫で、“抜群の効果”を発揮する着こなし術があるのだ。

「忙しいサラリーマンは、洋服のことを考えるのは面倒ですし、休日にわざわざ買い物に行くのも億劫なもの。で、ついつい自分が着ていてラク、暑くない、寒くないという理由で選んでしまいがちですが、スーツが相手に与える第一印象は思いのほか大きいもの。選び方によっては自分の意見や誠意などを伝わりやすくする、相手にそう感じてもらえるなど、スーツは“武器”になります」

 こう言うのは、元伊勢丹メンズ館のカリスマバイヤーで、先日「勝負する男のロジカル着こなし術」(日経BP社)を刊行したばかりの吉田泰則氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る