ひと工夫でスーツが武器に 失敗なしの「鉄板コーディネート」

公開日:  更新日:

 春は何かと仕事が増える。新規事業のプレゼン、挨拶回り、会議、そして謝罪――。こんなとき、一体何を着る? いつもスーツは同じという人も多いが、それは間違い。実はちょっとした工夫で、“抜群の効果”を発揮する着こなし術があるのだ。

「忙しいサラリーマンは、洋服のことを考えるのは面倒ですし、休日にわざわざ買い物に行くのも億劫なもの。で、ついつい自分が着ていてラク、暑くない、寒くないという理由で選んでしまいがちですが、スーツが相手に与える第一印象は思いのほか大きいもの。選び方によっては自分の意見や誠意などを伝わりやすくする、相手にそう感じてもらえるなど、スーツは“武器”になります」

 こう言うのは、元伊勢丹メンズ館のカリスマバイヤーで、先日「勝負する男のロジカル着こなし術」(日経BP社)を刊行したばかりの吉田泰則氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る