「早い!」と「まだ…」 1週間の過ぎ方にズレ感じるのはなぜ?

公開日:  更新日:

 新年度がスタートした。新しいメンバーを迎え、普段より忙しい日々を送るサラリーマンが「今日は木曜、いや、まてよ。まだ水曜日か。今週は長いなぁ……」。こんな奇妙な経験をしたことはないだろうか。1週間は同じ7日間なのに、いつもの1週間より時間の経過が長く感じるときだ。

 これとは逆に、休日などはアッという間に時間が過ぎてしまう感覚になることがある。同じ週末の2日間なのに、時間の経過が「早い!」と感じるケース。なぜ、こんなことが起きるのか?

 埼玉学園大学の古澤照幸教授(心理学)が言う。

「基本は記憶の問題だと考えられます。月曜日から次から次にいろんな仕事をやったけど、自分自身が興味がないものだったり、充実感がない仕事だと、一つ一つを覚えてもいないし時間は長く感じます。つまり、残念ですが、その週は仕事をやった割には充実していなかったということ。繰り返しいろいろやったときほどこの傾向が強まります。逆に、面白いとか充実した時間を過ごした場合は、時間の経過が早い。たとえば、楽しみにしているテレビドラマを見たり、面白いゲームをしたときなど。よく印象に残っているし、時間が過ぎるのが早いはず。仕事も同じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る