自殺者の4人に1人は70代…変わりゆく「命あって」の時代

公開日: 更新日:

 20日に自宅で自殺していたことが分かった「ザ・ワイルドワンズ」のリーダーで、音楽プロデューサーの加瀬邦彦さん(享年74)。突然の訃報にファンからは驚きの声が上がっているが、加瀬さんは今月に入り体調が優れず、精神的に不安定だったという。

「加瀬さんは昨年2月に下咽頭がんを発症。“恩師”の加山雄三さんの助言で同3月に声帯を切除したそうです。ミュージシャンにとっての命である声を捨て、苦渋の選択で『延命』を優先させました」(芸能ライター)

 それが、自殺の引き金になった可能性もある。

「ミュージシャンが声を奪われたということが、より一層うつ状態に拍車をかけたのかもしれません」(都内の大学病院の精神科医)

 これは決して他人事ではない。警察庁の統計によると、2014年の自殺者は2万5427人で、70歳以上が約24%を占める。4人に1人の割合だ。うち約71%が「健康問題」を動機に挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る