テーマは“満遍なく鍛える” 第2次「脳トレ」ブームが到来中

公開日:  更新日:

「ここ数年、脳活に関する本の出版点数は着実に増えていますね。少なくとも月に10冊の新刊が登場しています」

 こう言うのは八重洲ブックセンター日本橋三越店の高橋雄大氏。

 実際、同店にも脳活・脳トレ本のコーナーが設けられている。ほかの書店でもこうした傾向があるばかりか、TV番組でも脳の特番が増え、さしずめ第2次脳トレブーム到来の感さえある。

 あの第1次脳トレブームが起こったのは2004年。きっかけは東北大学の川島隆太教授の「脳を鍛える大人の計算ドリル」(くもん出版)だった。コレが100万部超えのメガヒット。その後、携帯ゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」にもなり、一大ブームが巻き起こったのは記憶に新しい。

 05年には「大人のぬり絵」シリーズ、06年には「えんぴつで奥の細道」、その他パズルや数独など、「大人の脳トレ」をキーワードにした本が続々と登場したっけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る