地元は大打撃 箱根山噴火警戒“風評被害”で吹き飛ぶ数十億円

公開日:  更新日:

「噴火より風評被害の方が心配です」

 噴火警戒レベルが1から2に引き上げられた神奈川・箱根山の地元観光業界からは、そんな本音も聞こえてくる。実際、箱根の一部宿泊施設では数十~100件近い予約のキャンセルが出始めているという。
「2001年6月に箱根山で群発地震が発生した時は、前年同月比で5%ほど観光客が減っています。箱根・湯河原地区の観光消費額は例年1000億円前後ですから、5%減でも大打撃ですよ。それでなくても箱根山で警戒レベルが2になるのは初めて。これから先、客足がもっと遠のく恐れがあります」(地元関係者)

 気象庁は警戒レベルの引き上げについて、「これまでとは明らかに違う事態」「どれぐらいで沈静化するか分からない」などと説明。長期化も示唆しているだけに、“被害額”は数十億円に上る可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る