• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地元は大打撃 箱根山噴火警戒“風評被害”で吹き飛ぶ数十億円

「噴火より風評被害の方が心配です」

 噴火警戒レベルが1から2に引き上げられた神奈川・箱根山の地元観光業界からは、そんな本音も聞こえてくる。実際、箱根の一部宿泊施設では数十~100件近い予約のキャンセルが出始めているという。
「2001年6月に箱根山で群発地震が発生した時は、前年同月比で5%ほど観光客が減っています。箱根・湯河原地区の観光消費額は例年1000億円前後ですから、5%減でも大打撃ですよ。それでなくても箱根山で警戒レベルが2になるのは初めて。これから先、客足がもっと遠のく恐れがあります」(地元関係者)

 気象庁は警戒レベルの引き上げについて、「これまでとは明らかに違う事態」「どれぐらいで沈静化するか分からない」などと説明。長期化も示唆しているだけに、“被害額”は数十億円に上る可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る