• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「創味シャンタンDX」vs「味覇」の終わらない“バトル”

 創味食品の中華万能調味料「創味シャンタンDX」が、3月20日の一般発売以来、日経POS売れ筋ランキングの中華だしのもとカテゴリーで右肩上がりと絶好調だ。

 注目されるきっかけが、廣記商行が販売する「味覇」(ウェイパァー)との“中華調味料戦争”だったことは、すでに日刊ゲンダイでも報じたが、その後ネットのニュースサイトでも話題に。俳優・山崎努(78)とタレントの安田美沙子(33)を起用した「創味シャンタンDX」のテレビCMが連日オンエアされたことで、一気にお茶の間の評判になった。

「中華調味料戦争」をもう一度おさらいすると、かつて“最強の中華調味料”や“魔法の調味料”などと呼ばれた廣記商行の味覇は、中身を創味食品が作っていた、いわば「ライセンス商品」。ところが昨年3月、廣記商行が創味食品に無断で味覇のチューブタイプを販売する。しかも中身は、創味シャンタンDXのコピーだったのだ。創味食品は味覇チューブタイプの販売中止を求めて交渉を重ねたものの決裂。これがきっかけで創味食品は、創味シャンタンDXの一般向け発売に踏み切ったというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る