「創味シャンタンDX」vs「味覇」の終わらない“バトル”

公開日:  更新日:

 創味食品の中華万能調味料「創味シャンタンDX」が、3月20日の一般発売以来、日経POS売れ筋ランキングの中華だしのもとカテゴリーで右肩上がりと絶好調だ。

 注目されるきっかけが、廣記商行が販売する「味覇」(ウェイパァー)との“中華調味料戦争”だったことは、すでに日刊ゲンダイでも報じたが、その後ネットのニュースサイトでも話題に。俳優・山崎努(78)とタレントの安田美沙子(33)を起用した「創味シャンタンDX」のテレビCMが連日オンエアされたことで、一気にお茶の間の評判になった。

「中華調味料戦争」をもう一度おさらいすると、かつて“最強の中華調味料”や“魔法の調味料”などと呼ばれた廣記商行の味覇は、中身を創味食品が作っていた、いわば「ライセンス商品」。ところが昨年3月、廣記商行が創味食品に無断で味覇のチューブタイプを販売する。しかも中身は、創味シャンタンDXのコピーだったのだ。創味食品は味覇チューブタイプの販売中止を求めて交渉を重ねたものの決裂。これがきっかけで創味食品は、創味シャンタンDXの一般向け発売に踏み切ったというわけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る