都が対策開始も 今年のデング熱は「リスク高い」と専門家警鐘

公開日:  更新日:

 東京都は昨20日から、代々木公園で蚊の採取調査を行うなど、「デング熱」対策に乗り出した。昨年夏は約70年ぶりに国内感染が確認され、18都道府県、計162人が発症したが、今年はもっと用心した方がいい。「重症化するリスクが高まっているからです」と、感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏がこう続ける。

「デングウイルスには、1~4型の4つのタイプがある。最初の感染は軽症で済む場合が多いのですが、別のタイプのウイルスに再感染すると、デング熱とは異なり、出血症状を呈する『デング出血熱』を発症するなど、重症化し、死に至るリスクが高まるのです」

 諸説あるが、デング出血熱は適切な治療が遅れると、致死率10~20%ともいわれる。「俺は感染したことがないから大丈夫」というのは甘い。

「デング熱は感染しても発熱などの症状が出ない『不顕性感染』が多い。要するに、気づかないうちに感染しているケースがあるのです」(藤田紘一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る