都が対策開始も 今年のデング熱は「リスク高い」と専門家警鐘

公開日:  更新日:

 東京都は昨20日から、代々木公園で蚊の採取調査を行うなど、「デング熱」対策に乗り出した。昨年夏は約70年ぶりに国内感染が確認され、18都道府県、計162人が発症したが、今年はもっと用心した方がいい。「重症化するリスクが高まっているからです」と、感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏がこう続ける。

「デングウイルスには、1~4型の4つのタイプがある。最初の感染は軽症で済む場合が多いのですが、別のタイプのウイルスに再感染すると、デング熱とは異なり、出血症状を呈する『デング出血熱』を発症するなど、重症化し、死に至るリスクが高まるのです」

 諸説あるが、デング出血熱は適切な治療が遅れると、致死率10~20%ともいわれる。「俺は感染したことがないから大丈夫」というのは甘い。

「デング熱は感染しても発熱などの症状が出ない『不顕性感染』が多い。要するに、気づかないうちに感染しているケースがあるのです」(藤田紘一郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る