【中央労働金庫】 若手には定時の帰宅を奨励

公開日:  更新日:

「給与は景気にそれほど左右されませんし、安定しているのが魅力ですね。NPO法人の支援や多重債務者の救済も手がけるなど社会的に意義のある仕事でもあり、満足しています」

 こう語るのは中央労働金庫のMさん(44)。労働金庫は労働組合や生協の会員向けの金融機関だ。全国13金庫の中で、同金庫は関東8県のエリアに149店舗、2000人以上の職員を抱える。

「営業は労働組合関係のルートセールスですし、厳しいノルマもありません。私もいくつかの支店勤務を経験していますが、得意先も気心が知れた仲なので突っ込んだ話もできますし、やりがいはあります」

 Mさんは課長クラスだが、基本給は55万円。これに妻と子どもの家族手当などがついて月給は約60万円。昨年のボーナス額は270万円。年収は1000万円弱と大手の製造業なみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る