【中央労働金庫】 若手には定時の帰宅を奨励

公開日:  更新日:

「給与は景気にそれほど左右されませんし、安定しているのが魅力ですね。NPO法人の支援や多重債務者の救済も手がけるなど社会的に意義のある仕事でもあり、満足しています」

 こう語るのは中央労働金庫のMさん(44)。労働金庫は労働組合や生協の会員向けの金融機関だ。全国13金庫の中で、同金庫は関東8県のエリアに149店舗、2000人以上の職員を抱える。

「営業は労働組合関係のルートセールスですし、厳しいノルマもありません。私もいくつかの支店勤務を経験していますが、得意先も気心が知れた仲なので突っ込んだ話もできますし、やりがいはあります」

 Mさんは課長クラスだが、基本給は55万円。これに妻と子どもの家族手当などがついて月給は約60万円。昨年のボーナス額は270万円。年収は1000万円弱と大手の製造業なみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る