シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

授業中「立ってなさい!」 米サンフランシスコで新たな試み

公開日:  更新日:

 子供の頃、先生に「廊下に立ってなさい!」と怒られた思い出のある人もいると思いますが、サンフランシスコ郊外のある小学校の児童は授業中、全員立ったままで勉強しています。大人の間でぼちぼち利用者が増えている「立ち机」の授業を、いち早く取り入れているのです。

 大人の7割近くは太り過ぎ、4割近くが「肥満症」の米国では、肥満が原因の成人病が急増。膨れ上がる医療費や社会保障費の問題にも発展し、国の将来を脅かす深刻な事態となっています。当然ながら、その予備群の子供たちをどう太らせないかは、重要な課題です。

 さらに近年、長時間座ったままでいることの健康への悪影響がさまざまな調査や研究で証明されてきました。そこで、この学校では「立ち机」を教室に一気に導入する大胆な試みに出たわけです。

 最初は「足が痛い」などと文句を言っていた子供たちも、2週間ほどで「座っているより体が伸ばせて楽ちん」「立っている方が楽しいし、集中できる気がする」とすっかり立ち机が気に入った様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る