ビジネスマンに人気 「コーチング」って何をしてくれるの?

公開日:  更新日:

“会社の目標をどう設定し、達成するにはどうすればいいのか?”
“家族や同僚とうまくやるにはどんな課題を解決すればいいのか”

 人である以上、自身が描くあるべき姿や満足できる生活を模索し、達成に悩むのは当然だろう。そのためには他人にやり方を教えてもらうのではダメで、自ら課題に気づき考える力が必要だ。最近、その手助けをしてくれるコーチングなる職種が注目を集めているという。どんなものなのか? 「コーチング」の専門家として知られる和気香子さん(エグゼクティブコーチ)に聞いた。

 企業診断士や心理カウンセラーでもない。サッカーチームやプロ野球球団などに必ず存在し、選手たちに、技術はもちろん精神面でも臨機応変のアドバイスを発信するあのコーチの存在と似たものだと和気さんは言う。

 米国が発祥の地のようで、歴史は古く1950年代からあり、1995年に「国際コーチ連盟」(ICF)が設立された。90カ国、1万3500人が会員になっており、日本でも1999年に「日本コーチ協会」(JCA)が誕生している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る