寝っころがりに来たい<深大寺>

公開日: 更新日:

 調布駅から布田駅を経由し、深大寺まで歩く。気温は高いが、日差しは夏のようには強くなく、風が気持ちいい。長時間の散歩も苦にならない。

 トマトの実がふんだんになっている畑の横を通ると、青々した香りがフワ~ッ。まだ若い実だが、ツヤツヤぷっくりしている。熟したらさぞかしうまいだろう。黄色い花の下は、カボチャかな。

 行き止まりかと思っていたら、川べりに出た。武蔵野の湧水が集まった野川。ジョギングしている人が結構いる。座ってボーッとするのにいい場所だ。近くの虎狛橋を渡ると、左手に虎狛神社。境内には古木大木があり、見ごたえがある。

 ここからが、やや坂道になる。歩くのが一瞬イヤになるが、越えればすぐ深大寺。東門への参道を左手に見て直進。これが正解だった。深大寺の一角に“森”があり、その中を通ると、新緑に囲まれマイナスイオンがあちこちから降ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る