オフィスに増殖する“なんちゃって育メン”はどう御する?

公開日: 更新日:

 頑張るオレって、カッコいい――。きっとそう思っているに違いない。博報堂こそだて家族研究所の調査によると、小6までの子供を持つ既婚男性1079人のうち8割は子育てに積極的で、育メンほど仕事への能力アップに余念がないという実態が浮き彫りになった。「仕事を通して能力を高めたい」と答えた割合が、全体では6割だったが、育メンは7割に上ったのだ。

 その通りなら世の中、家庭も職場もデキる男であふれ返るが、本当にそうか。実は、勘違いした育メンの扱いに手を焼く管理職も少なくない。

 テレビマンのAさん(52)は4年前、子宝に恵まれた部下(39)が出産に合わせて会社から徒歩圏内の場所に引っ越すと聞き、感心したが……。

「妻子が病気で通院に付き添って遅れるのは、仕方ありません。でも“午前休”といいながら、現れるのは午後4時近く。そこまで長引くなら一本、電話するのが常識でしょうが、連絡なし。そんなことが一年に何度となくある。最近は、『子供を風呂に入れるので』と夕方抜け出す。『打ち合わせまでには戻る』と言いながら、やっぱり遅れる。『大変だね』とねぎらっていた女子社員も、次第に『“子育て”を免罪符にサボっている』とカンカンです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る