オフィスに増殖する“なんちゃって育メン”はどう御する?

公開日: 更新日:

 頑張るオレって、カッコいい――。きっとそう思っているに違いない。博報堂こそだて家族研究所の調査によると、小6までの子供を持つ既婚男性1079人のうち8割は子育てに積極的で、育メンほど仕事への能力アップに余念がないという実態が浮き彫りになった。「仕事を通して能力を高めたい」と答えた割合が、全体では6割だったが、育メンは7割に上ったのだ。

 その通りなら世の中、家庭も職場もデキる男であふれ返るが、本当にそうか。実は、勘違いした育メンの扱いに手を焼く管理職も少なくない。

 テレビマンのAさん(52)は4年前、子宝に恵まれた部下(39)が出産に合わせて会社から徒歩圏内の場所に引っ越すと聞き、感心したが……。

「妻子が病気で通院に付き添って遅れるのは、仕方ありません。でも“午前休”といいながら、現れるのは午後4時近く。そこまで長引くなら一本、電話するのが常識でしょうが、連絡なし。そんなことが一年に何度となくある。最近は、『子供を風呂に入れるので』と夕方抜け出す。『打ち合わせまでには戻る』と言いながら、やっぱり遅れる。『大変だね』とねぎらっていた女子社員も、次第に『“子育て”を免罪符にサボっている』とカンカンです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る