転職先を上場させた金融G元社長が語る「戦わず楽に生きろ」

公開日:  更新日:

 サラリーマンである限り、嫌な上司と仕事をしたり、同僚の出世をねたんで荒れたりすることはいくらでもある。心のどこかで働く相手と戦おうとする意識が、心をざわつかせる。戦わないで仕事ができたら、どんなに楽か。そんな気持ちの人は少なくないはず。師走で殺伐としたこの時期は、なおさらか。

 ビジネスコンサルタントの横山信治氏は、2001年に転職したソフトバンクファイナンスを従業員250人の上場企業に成長させ、グループ会社の社長に就き、今年4月独立した。

 そんな横山氏がこのほど上梓したのが、「戦わない生き方」(日本文芸社)。平社員から企業トップに上り詰めたからこそ、この境地に至ったという。

「実は、私は1982年に日本信販(現・三菱UFJニコス)に入社しました。全国最下位のダメ営業マンから奮起して、全国トップの営業成績を記録。ところが、左遷されてしまいました。なぜかというと、戦って勝利した結果の成績は一時的に良くても長続きしません。敵が増えて、味方が減るからです。それで、私は転職に追い込まれ、考え方を変えて、戦いをやめたところ、出世できたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る