• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「浮気は遺伝子のせい」552組の調査で判明 該当者は離婚率2倍

「浮気は遺伝子のせい」――。いずれ離婚裁判でこんなことが語られる日が来るのだろうか?

 全米科学アカデミーが発行する雑誌の電子版が浮気遺伝子についての記事を掲載したのは2008年のこと。報告したのはスウェーデンのカロリンスカ研究所。国内の双子552組とそのパートナーを調査したところ、「バソプレッシン」と呼ばれるホルモンの受容体のうちのひとつで、「334」という型を持った男性は恋人とのトラブルが多く、恋人の満足度も低かったという。

 この受容体は父方・母方からひとつずつ受け継がれるが「334」を持つ男性は持たない男性に比べて過去1年以内での離婚危機が2倍に上ったという。

 実はバソプレッシンが浮気に関係することはそれ以前のネズミの研究で明らかになっている。一夫多妻制のアメリカンネズミにバソプレッシンの受容体を増やすことでその働きを強めると、一夫一妻制のプレーリーハタネズミと同じように1匹のメスを好むようになるとのこと。

 面白いのはバソプレッシンが影響するのは男性だけで女性には当てはまらなかったこと。人の恋愛感情は遺伝子型だけで説明できるほど単純ではないが、気になる話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る