• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「浮気は遺伝子のせい」552組の調査で判明 該当者は離婚率2倍

「浮気は遺伝子のせい」――。いずれ離婚裁判でこんなことが語られる日が来るのだろうか?

 全米科学アカデミーが発行する雑誌の電子版が浮気遺伝子についての記事を掲載したのは2008年のこと。報告したのはスウェーデンのカロリンスカ研究所。国内の双子552組とそのパートナーを調査したところ、「バソプレッシン」と呼ばれるホルモンの受容体のうちのひとつで、「334」という型を持った男性は恋人とのトラブルが多く、恋人の満足度も低かったという。

 この受容体は父方・母方からひとつずつ受け継がれるが「334」を持つ男性は持たない男性に比べて過去1年以内での離婚危機が2倍に上ったという。

 実はバソプレッシンが浮気に関係することはそれ以前のネズミの研究で明らかになっている。一夫多妻制のアメリカンネズミにバソプレッシンの受容体を増やすことでその働きを強めると、一夫一妻制のプレーリーハタネズミと同じように1匹のメスを好むようになるとのこと。

 面白いのはバソプレッシンが影響するのは男性だけで女性には当てはまらなかったこと。人の恋愛感情は遺伝子型だけで説明できるほど単純ではないが、気になる話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る