企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日:  更新日:

 シングルマザーを雇う利点は他にもある。企業は国からは助成金を得られるし、何より彼女たちは生活がかかっているため、普通の女性とは働く意欲が違うのだという。

■婚活男性の38%が「離婚女性」がいい

 その“意欲”を求めている自治体もある。最大400万円の破格条件でシングルマザー(ファザーもOK)を募集している島根県浜田市だ。

「対象者は、県外に住んでいる高校生以下のお子さんがいる母子家庭・父子家庭で、市内に移住して介護事業所で働くことが条件です。介護職はどうしても若手のなり手が少なく、慢性的な人手不足。その点、お子さんを抱える親なら長く仕事を続ける意欲ある人が集まると思います」(浜田市政策企画課・担当者)

 シングルマザーで移住すると、まず月15万円以上の給与が出る。さらに転居費30万円、養育費3万円&家賃補助最大2万円(毎月)、1年後には100万円のボーナスまでもらえる。車を持っていない場合は無償で中古車を提供。もちろん、介護資格の取得費用も市が持ってくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る