• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

 独身女性なら、いずれ市内の男性と結ばれる可能性もあり、子はやがて成人する。少子高齢化に悩む地方都市にとって、相乗効果が望めるシングルマザーは喉から手が出るほど欲しい存在なのだ。

 一方、結婚相談所でもシングルマザーは人気上昇中。ひと頃は、子持ちというだけで再婚のネックになったものだが、最近は広末涼子(写真下)やダルビッシュ有と再婚する山本聖子など子連れ再婚が定着しつつある。「楽天オーネット」の昨年の成婚カップルの約3割はどちらかに離婚歴があり、うち女性の半数は子連れだったという。同じく「ノッツェ」の会員アンケートでは、離婚歴のある女性を「絶対イヤ」という男性はわずかに12%。38%はむしろ、「離婚経験者の方がいい」と答えている。苦労を経験した分、やさしさや包容力が期待されているのだ。

 戦後すぐは戦争未亡人の悲惨なイメージがつきまとったものだが、今のシングルマザーは職場でも恋愛でもモテモテだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る