企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日:  更新日:

 独身女性なら、いずれ市内の男性と結ばれる可能性もあり、子はやがて成人する。少子高齢化に悩む地方都市にとって、相乗効果が望めるシングルマザーは喉から手が出るほど欲しい存在なのだ。

 一方、結婚相談所でもシングルマザーは人気上昇中。ひと頃は、子持ちというだけで再婚のネックになったものだが、最近は広末涼子(写真下)やダルビッシュ有と再婚する山本聖子など子連れ再婚が定着しつつある。「楽天オーネット」の昨年の成婚カップルの約3割はどちらかに離婚歴があり、うち女性の半数は子連れだったという。同じく「ノッツェ」の会員アンケートでは、離婚歴のある女性を「絶対イヤ」という男性はわずかに12%。38%はむしろ、「離婚経験者の方がいい」と答えている。苦労を経験した分、やさしさや包容力が期待されているのだ。

 戦後すぐは戦争未亡人の悲惨なイメージがつきまとったものだが、今のシングルマザーは職場でも恋愛でもモテモテだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る