ビジネスでも活路開ける “大阪のオバちゃん”トーク術の極意

公開日: 更新日:

 ヒョウ柄の派手な衣装にキンキラキンのアクセサリー、うまいモンと安くてお得な情報のおしゃべり大好き! 大阪のオバちゃんたちが、ずっと隣にいたらかしましいけど、笑顔とパワーが同居したトーク術はサラリーマンも参考になる。大阪生まれの大阪育ちで、先頃「大阪のオバちゃんの逆襲」(言視舎)を上梓した源祥子氏も、「学ぶべき点は多い」とキッパリ。その極意は――。

■相づちを次々繰り出す

 何より、“相づちのうまさは神の域”だという。悩みを聞く時も、場を盛り上げる時も、絶妙なタイミングで相づちを放り込んでくる。

「たとえば『気にせんとき~』とか『しゃ~ない、しゃ~ない』は、よく言います。だからといって何も解決しないんですが、言われた方はスッと気が楽になる。つい、話を聞いてもらいたい気持ちになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る