様変わりするコンビニ 「シニア向け商品」続々投入で競争激化

公開日: 更新日:

 いまやコンビニは“若者が使う店”ではなくなった。セブン─イレブンの来客年齢層は、50歳以上が1989年の9%から2013年には30%に増加。10~20代を上回った。コンビニは「品質管理がしっかりしている」「商品鮮度が良い/新しい」というイメージがシニア世代に定着しているから、だそうだ。

 コンビニ側もメーンターゲットはシニア世代。今年4月には、ローソンは介護事業者「ウイズネット」と提携し、埼玉県川口市に「介護(ケア)ローソン」1号店をオープン。シニア向けに栄養機能食品や食べやすいレトルト食品などを充実させている。

■シニアの健康を考えた商品が充実

 たとえば本紙イチ押しは、来週コンビニ各店他で発売される、なだ万と日清食品が共同開発したカップ麺「なだ万監修 和だしの麺 しじみだし醤油」(税別180円)。加齢に伴って「塩味や油味」から「うま味」へと味の嗜好も変化した中高年を意識している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る