堀北射止めた山本耕史は40通 女性が喜ぶ「ラブレター講座」

公開日: 更新日:

 文学の、秋。気になるあの子に、手紙でも書いてみようか。

 思えば、あの堀北真希(26)のハートを射止めた山本耕史(38)だって、40通のラブレターを送っていたという。メールやSNSが連絡手段の主流となっている今、手紙なんて古いのでは……という気もするが、今年5月、保険ショップ「保険クリニック」が20~60代女性500人にアンケートを取ったところ、

●ラブレターを書いたことがある 34.2%
●ラブレターをもらったことがある 41.0%

 という結果が出ている。女性の3~4割はラブレター経験あり。もしかすると、今だからこそ手紙のほうがインパクトが強いかもしれない。

 未婚男女の絆のあり方を探るルポ「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ」(http://wedge.ismedia.jp/category/mikon)を連載中の恋愛作家・にらさわあきこ氏は、「直筆の手紙をもらったら、印象に残るとは思います。ただ、メールのようなそっけなさがないだけ、リスクがあるのも確かです」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    差別は悪なのに…なくならないのは利用する者もいるからだ

  10. 10

    検察庁法改正ではなく刑法185条の罰則規定の具体化が必要

もっと見る