“愛用”する男性も…女性用「ナプキン」の意外な効果と活用法

公開日:  更新日:

 ナプキンは、女性が生理にともなう出血を吸収するための処理用品。女性の“専売特許”と思いきや、意外にも愛用する男性が少なくない。

 一番が“痔主”だ。40代の経理マンは30代半ばから痔になり、最近、イボ痔が肛門から脱出するようになり、度々出血。肛門科を受診するようになり、あるときナースにナプキンを勧められたという。

「分厚い“夜用”をブリーフにつけると、それがクッションになって、痛みが軽くなるのです」と笑うが、ドラッグストアなどで買うのは恥ずかしく、妻のを借りている。

 30代の営業マンは、靴に羽根つきタイプを貼っている。ナプキンは吸水性があるだけでなく、消臭効果もある。その効果を買ってのことで、羽根つきならズレることもない。

「水虫があって、足が蒸れるとかゆくなる。乾燥力をアピールする中敷きはずっと使い続けるので不衛生ですが、これなら毎日交換できるのがメリット。効果抜群です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る