【マイナンバー制度】いよいよ開始されるマイナンバー制度。それで何が変わるのか?

公開日: 更新日:

「パーソナルデータの衝撃」城田真琴著

 マイナンバーは究極の管理システムではないのか。そんな疑問を持つ人も少なくないはず。本書はずばり「一生を丸裸にされる『情報経済』が始まった」と説く。著者は野村総研の上級研究員。

 いまだってポイントカードでふだんの消費行動は逐一追跡されており、そこで蓄積された膨大なデータが売り買いの対象にされつつある。しかし「××町のコンビニで○○を買った」という情報は本来、消費者自身のもの。著者は個人データを収集している企業中心の社会から、データを生み出している消費者自身が中心になる社会へのシフトが必要だという。日本では個人情報保護法の改正案が通常国会を通過し、来年1月から監視機関が発足するものの、それらとの兼ね合いも要検討。単なる制度変更だけでなく社会デザインの概念からの変化が必要だから一朝一夕にはいかない。

 本書はアメリカの例などをコラム形式で豊富に紹介しながら、いかに企業中心から消費者中心への移行を実現させるか議論している。(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る