CG全盛時代に再脚光 ヒトの五感に訴える「シズル」って何だ?

公開日:  更新日:

「シズル」という言葉をご存じだろうか。例えば、肉を焼いたり揚げたりするときのジュージューという音。そうした擬音語をひっくるめてシズル(sizzle)と言う。映像業界では主に、食品のおいしさを最大限に表現する手法として使われている。シズル感を出すにはCG映像や合成写真で十分だし、手っ取り早い。しかし、ここ数年は映画の本場ハリウッドでも、昔ながらのライブ撮影が見直されているという。

 1990年にシズル専門の「細井企画演出事務所」を立ち上げたCMシズルディレクター・細井威良氏(73)も、ライブにこだわるひとりだ。

「もともとシズルとは広告業界用語で、消費者の五感に訴えて購買意欲を喚起する表現方法のひとつ。シズルという言葉が業界内で使われるようになったのは、カラーテレビが普及して広告表現にバリエーションが出てきた70年代以降ですが、90年の時点ではまだ浸透してませんでした。というのも、シズル撮影には高速度カメラはもとより、特殊機材や照明機材を扱う専門スタッフ、さらに食材を担当する専門スタッフを必要とするため、テレビCM制作には相当な予算がかかる。ビッグクライアントがなかなかつかなかったんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る