• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海の幸調理の知恵 解凍時のひと手間で“冷凍モノ”は見違える

「生イクラ、あります」――そんな料理屋の張り紙が目につく季節だが、北海道の秋サケの定置網漁は不調だという。季節外れの台風や猛烈な低気圧により、網が破れたためで、年末には値上がり必至。北海道近海は、タコやイカの水揚げもよくない。正月の定番食材が不足しそうだ。

 でも、大型スーパーなどには、冷凍モノが十分ある。そこで、冷凍モノをうまく調理するコツを紹介――。横浜創英大名誉教授・則岡孝子氏(栄養学)に聞いた。

■カニはボイルの有無で解凍方法が違う

 冬のハレの日に奮発するとしたらカニだろう。しかし、解凍を失敗してガッカリした経験は、だれしも一回や二回はあるはず。ポイントは、冷凍前の状態にあった。

「カニは、生のまま冷凍したか、茹でたものを冷凍したかで、解凍の仕方が変わります。買うときは、どちらか確認することです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る