年末年始の必需品は全部「ふるさと納税」で揃えてみる

公開日:  更新日:

 今年も余すところ1カ月。ふるさと納税の今年度分の締め切りも間近に迫っている。しかし、年越しや正月に使える商品は、今から手続きしても十分に間に合う。

 ふるさと納税の寄付期間は毎年1月1日~12月31日。まだやっていないという人は、せっかくのお得制度をみすみす逃すことになる。

■今年4月以降の寄付からは申告不要に

 何しろ、ふるさと納税は実質の手続き費用となる2000円(寄付控除下限額)を負担すれば、寄付額に応じて自治体から商品やサービスが届く。元手は本来取られている税金だから、利用しない手はない。

 しかも、今年から手続きが驚くほど簡単になった。昨年までは確定申告をしなくてはいけない煩わしさがあったが、今年4月以降の寄付からはワンストップ特例制度で申告が不要(5自治体まで)。寄付の際は、いったんクレジットカードなどでお金を支払うが、そこから2000円を引いた分は翌年に戻ってくる。サラリーマンなら来年4月に所得税分が直接、本人の銀行口座に振り込まれ、住民税分は6月に減額される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る