• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年末年始の必需品は全部「ふるさと納税」で揃えてみる

 今年も余すところ1カ月。ふるさと納税の今年度分の締め切りも間近に迫っている。しかし、年越しや正月に使える商品は、今から手続きしても十分に間に合う。

 ふるさと納税の寄付期間は毎年1月1日~12月31日。まだやっていないという人は、せっかくのお得制度をみすみす逃すことになる。

■今年4月以降の寄付からは申告不要に

 何しろ、ふるさと納税は実質の手続き費用となる2000円(寄付控除下限額)を負担すれば、寄付額に応じて自治体から商品やサービスが届く。元手は本来取られている税金だから、利用しない手はない。

 しかも、今年から手続きが驚くほど簡単になった。昨年までは確定申告をしなくてはいけない煩わしさがあったが、今年4月以降の寄付からはワンストップ特例制度で申告が不要(5自治体まで)。寄付の際は、いったんクレジットカードなどでお金を支払うが、そこから2000円を引いた分は翌年に戻ってくる。サラリーマンなら来年4月に所得税分が直接、本人の銀行口座に振り込まれ、住民税分は6月に減額される仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る