日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生ビール10杯の客も “ちょい飲み”は富士そばがコスパ最強

 牛丼チェーンやファミレス、バーガーチェーンなどが“ちょい飲み”に力を入れる中、「ここが最強のコスパ」と大絶賛されているのが、富士そばだ。新橋店や水道橋店、西荻窪店など一部店舗で行われている「富士酒場」がそれ。

 酒は、生ビールと角ハイがそれぞれ280円だが、生はなんとプレミアムモルツで、どちらも2杯目以降は200円という安さ。ジョッキは「富士そば」の名前が記されたオリジナルで、十分な中ジョッキサイズ。安くても、ケチっていない。店員さんいわく、「ひとりで10杯飲む人もいる」。

 つまみは、いわゆる天抜きで、かき揚げやいか天などの天ぷらにそばつゆをかけたもの。天ぷらそばからそばを抜いたから、天抜き。高円寺店の場合、かき揚げとちくわ天が110円、春菊天が120円、いか天が130円だ。温かいつゆで、さっぱりと食べられる。オジサンにはもってこいのつまみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事