• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生ビール10杯の客も “ちょい飲み”は富士そばがコスパ最強

 牛丼チェーンやファミレス、バーガーチェーンなどが“ちょい飲み”に力を入れる中、「ここが最強のコスパ」と大絶賛されているのが、富士そばだ。新橋店や水道橋店、西荻窪店など一部店舗で行われている「富士酒場」がそれ。

 酒は、生ビールと角ハイがそれぞれ280円だが、生はなんとプレミアムモルツで、どちらも2杯目以降は200円という安さ。ジョッキは「富士そば」の名前が記されたオリジナルで、十分な中ジョッキサイズ。安くても、ケチっていない。店員さんいわく、「ひとりで10杯飲む人もいる」。

 つまみは、いわゆる天抜きで、かき揚げやいか天などの天ぷらにそばつゆをかけたもの。天ぷらそばからそばを抜いたから、天抜き。高円寺店の場合、かき揚げとちくわ天が110円、春菊天が120円、いか天が130円だ。温かいつゆで、さっぱりと食べられる。オジサンにはもってこいのつまみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る