臨床試験へ 糖尿病薬「メトルホミン」で長生きできるのか

公開日: 更新日:

 人間の寿命が120年に延びる――。こんな薬品の研究が米国で本格化するというニュースが注目されている。米食品医薬品局(FDA)が臨床試験を許可したこの薬品は「メトホルミン」。最新の薬ではなく、1940年代から糖尿病の治療薬として使われてきた。日本での1日当たりの投薬コストは約8円とかなり安い。

 英国カーディフ大の研究チームがメトホルミンを回虫に投与したところ、加齢が遅れて寿命が延びた。マウスへの実験では寿命が40%延び、骨も丈夫になったという。人間の場合は50%の寿命延長が期待されるとして、「120歳まで生きられる」との声も上がっている。まさに夢の薬だが、本当に効くのか。医学博士の米山公啓氏に聞いた。

「メトホルミンについては、かれこれ10年ほど前から長生き効果があるとささやかれてきました。なぜ長生きできるのかは、これから解明されますが、“7割腹”の食事やポリフェノールが人体の長生き遺伝子のスイッチを入れるように、メトホルミンもこのスイッチをオンにしている可能性があります。糖尿病の患者が真面目にこの薬を飲んだおかげで、健康な人より長生きした例があるのは事実。効果があるのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る