臨床試験へ 糖尿病薬「メトルホミン」で長生きできるのか

公開日:  更新日:

 人間の寿命が120年に延びる――。こんな薬品の研究が米国で本格化するというニュースが注目されている。米食品医薬品局(FDA)が臨床試験を許可したこの薬品は「メトホルミン」。最新の薬ではなく、1940年代から糖尿病の治療薬として使われてきた。日本での1日当たりの投薬コストは約8円とかなり安い。

 英国カーディフ大の研究チームがメトホルミンを回虫に投与したところ、加齢が遅れて寿命が延びた。マウスへの実験では寿命が40%延び、骨も丈夫になったという。人間の場合は50%の寿命延長が期待されるとして、「120歳まで生きられる」との声も上がっている。まさに夢の薬だが、本当に効くのか。医学博士の米山公啓氏に聞いた。

「メトホルミンについては、かれこれ10年ほど前から長生き効果があるとささやかれてきました。なぜ長生きできるのかは、これから解明されますが、“7割腹”の食事やポリフェノールが人体の長生き遺伝子のスイッチを入れるように、メトホルミンもこのスイッチをオンにしている可能性があります。糖尿病の患者が真面目にこの薬を飲んだおかげで、健康な人より長生きした例があるのは事実。効果があるのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る