スマホ評論家に聞いた 消える「実質0円端末」はいま買いか

公開日:  更新日:

「速やかに買い替えることをオススメします。1万円程度の値上げはとりあえず人気機種のiPhone6sだけですが、他機種の値上げも時間の問題。また、端末の値上げ幅も3万円、4万円と拡大していくのは確実です。静観を決め込んで得することはひとつもありません。2月下旬までが勝負です」

 しかし、契約の際の“2年縛り”を破ると違約金が発生するケースもある。まだ、買い替えてから2年経過していないユーザーはどうすればいいのか。

「確かに購入後2カ月以内だと4万円前後の高額な違約金を取られることがあるので注意が必要です。しかし、半年以上経過していれば違約金はゼロか高くても1万円程度。値上げリスクを考えれば違約金を払ってもゼロ円ケータイを買った方がお得です」(新田ヒカル氏)

 ゼロ円ケータイの買い替えに向かない人はいないのか?

「米アップルが年内にiPhone7を発売するといわれています。7が欲しいiPhoneユーザーだけは待った方がいいかもしれません」(新田ヒカル氏)

 ゼロ円ケータイを入手する最後のチャンス。一考してみる価値はありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る