ブーム続くから揚げ 「カラアゲニスト」名乗る3条件とは

公開日:  更新日:

 サラリーマンのランチメニューの定番のひとつ、“から揚げ”ブームが続いている。都内では主要駅に1軒は専門店ができ、その数は全国で推定840店舗。市場規模は160億円に上るという。また、8年前にできた日本唐揚協会の会員数(認定カラアゲニスト、男女比ほぼ6対4)も毎年のように増え、ついに6万人を突破したとか。

■「日本一」を決める熱き戦い

 いま、カラアゲニストたち注目の戦いが始まっている。毎年1回、日本で一番うまいから揚げ店を投票で決める「第7回 からあげグランプリ」(店のエントリーは2月9日まで)だ。参加店決定後、2月29日から3月29日(いずれも「にく」の日)までの間、ネット上で決選投票が行われる(詳細は日本唐揚協会HPで)。一般人も参加できる熱き戦いだ。昨年は「お福」(北九州市)、「吉吾」(東京・豊島区)、「光苑」(埼玉・春日部市)といった名店が各部門の最高金賞に輝いた。ハハ~ン、とうなずいた人も多いはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る