ブーム続くから揚げ 「カラアゲニスト」名乗る3条件とは

公開日: 更新日:

 サラリーマンのランチメニューの定番のひとつ、“から揚げ”ブームが続いている。都内では主要駅に1軒は専門店ができ、その数は全国で推定840店舗。市場規模は160億円に上るという。また、8年前にできた日本唐揚協会の会員数(認定カラアゲニスト、男女比ほぼ6対4)も毎年のように増え、ついに6万人を突破したとか。

■「日本一」を決める熱き戦い

 いま、カラアゲニストたち注目の戦いが始まっている。毎年1回、日本で一番うまいから揚げ店を投票で決める「第7回 からあげグランプリ」(店のエントリーは2月9日まで)だ。参加店決定後、2月29日から3月29日(いずれも「にく」の日)までの間、ネット上で決選投票が行われる(詳細は日本唐揚協会HPで)。一般人も参加できる熱き戦いだ。昨年は「お福」(北九州市)、「吉吾」(東京・豊島区)、「光苑」(埼玉・春日部市)といった名店が各部門の最高金賞に輝いた。ハハ~ン、とうなずいた人も多いはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る