出会いを次につなげる「人脈術」 “受け身3分”が強印象に

公開日: 更新日:

 あなたは名刺交換をした相手から、顔を思い出してもらえる存在だろうか? 仕事だろうとプライベートだろうと、出会いを「次」につなげるためには“強印象”をいかに植え付けるかが重要。

「勤力(仕事ができる力)」を鍛える「勤力トレーニングプログラム」を開発し、今月10日に「コネ持ち父さん コネなし父さん」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を出版するPRディレクターの川下和彦さんに話を聞いた。

■品ぞろえならぬ“人ぞろえ”のいい人

 人のデパートになる。川下さんは常に、そう考えているという。

 デパートは、それ自体は単なる一つの“箱”。しかしその中に、靴も服もバッグも家具も食料品もそろっていて、多くの人が集まってくる。

「僕は、自分に突出した能力がないことを早くに悟りました。だから自分の持っていない能力がある人とのつながりを大切にしています。そうすれば、そのコネクションを求めて人が集まってくれます。品ぞろえならぬ“人ぞろえ”のいい人を目指しているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る