水戸印籠弁当(水戸駅)

公開日: 更新日:
水戸印籠弁当(C)日刊ゲンダイ

酸味豊かな豚肉の梅肉和えが絶品

 1995年の発売以来、この駅弁は幾多の変遷を重ねてきた。始まりは鈴木屋が水戸駅で売り出した3段重ねの駅弁で、同社の廃業を受けて万年屋がレシピを継承。当初は同社の本拠地である鹿島臨海鉄道大洗駅で売り出したが、現在は販売駅をスタート地点の水戸駅に戻している。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  11. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る