• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンタインデーのチョコは“必要経費”として認められる?

 日曜日と重なった今年のバレンタインデー。義理チョコは減るのだろうか? あるアンケートによると、贈る相手は「本命チョコ」を抑え、「家族チョコ」と「自分チョコ」が2トップ。片思いの相手に思いを告げる意味合いは薄れている。

 大丸東京店は11階催事場など3カ所で、贈る用途に応じて800種類のチョコを用意している。日曜日と重なったことで義理チョコの売り上げは激減するという見方が大半だが、なぜかそんな気配は感じられない。

「昨年のホワイトデーは運悪く土曜日と重なりましたが、今年は月曜日。お返しが期待できることで、むしろ職場で渡す相手を増やしたという女性は多い」(丸の内OL)

 大丸の調査でも、平均購入予算は2515円で、昨年の2343円から200円近くアップしている。

 興味深いことに、このバレンタインデーのチョコレートは、確定申告の際に必要経費として認められるケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る