バレンタインデーのチョコは“必要経費”として認められる?

公開日:  更新日:

 日曜日と重なった今年のバレンタインデー。義理チョコは減るのだろうか? あるアンケートによると、贈る相手は「本命チョコ」を抑え、「家族チョコ」と「自分チョコ」が2トップ。片思いの相手に思いを告げる意味合いは薄れている。

 大丸東京店は11階催事場など3カ所で、贈る用途に応じて800種類のチョコを用意している。日曜日と重なったことで義理チョコの売り上げは激減するという見方が大半だが、なぜかそんな気配は感じられない。

「昨年のホワイトデーは運悪く土曜日と重なりましたが、今年は月曜日。お返しが期待できることで、むしろ職場で渡す相手を増やしたという女性は多い」(丸の内OL)

 大丸の調査でも、平均購入予算は2515円で、昨年の2343円から200円近くアップしている。

 興味深いことに、このバレンタインデーのチョコレートは、確定申告の際に必要経費として認められるケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る