バレンタインデーのチョコは“必要経費”として認められる?

公開日:  更新日:

 日曜日と重なった今年のバレンタインデー。義理チョコは減るのだろうか? あるアンケートによると、贈る相手は「本命チョコ」を抑え、「家族チョコ」と「自分チョコ」が2トップ。片思いの相手に思いを告げる意味合いは薄れている。

 大丸東京店は11階催事場など3カ所で、贈る用途に応じて800種類のチョコを用意している。日曜日と重なったことで義理チョコの売り上げは激減するという見方が大半だが、なぜかそんな気配は感じられない。

「昨年のホワイトデーは運悪く土曜日と重なりましたが、今年は月曜日。お返しが期待できることで、むしろ職場で渡す相手を増やしたという女性は多い」(丸の内OL)

 大丸の調査でも、平均購入予算は2515円で、昨年の2343円から200円近くアップしている。

 興味深いことに、このバレンタインデーのチョコレートは、確定申告の際に必要経費として認められるケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る