日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンタインデーのチョコは“必要経費”として認められる?

 日曜日と重なった今年のバレンタインデー。義理チョコは減るのだろうか? あるアンケートによると、贈る相手は「本命チョコ」を抑え、「家族チョコ」と「自分チョコ」が2トップ。片思いの相手に思いを告げる意味合いは薄れている。

 大丸東京店は11階催事場など3カ所で、贈る用途に応じて800種類のチョコを用意している。日曜日と重なったことで義理チョコの売り上げは激減するという見方が大半だが、なぜかそんな気配は感じられない。

「昨年のホワイトデーは運悪く土曜日と重なりましたが、今年は月曜日。お返しが期待できることで、むしろ職場で渡す相手を増やしたという女性は多い」(丸の内OL)

 大丸の調査でも、平均購入予算は2515円で、昨年の2343円から200円近くアップしている。

 興味深いことに、このバレンタインデーのチョコレートは、確定申告の際に必要経費として認められるケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事