【ボルテージ】ライブ観賞のためのエンタメ早退制度あり

公開日: 更新日:

 間もなくやってくるホワイトデー。何を贈ればいいのやら? そんなあなたには、恋愛シミュレーションゲームが参考になるかも。

 女性向けインターネットコンテンツ販売を手掛ける「ボルテージ」(東証1部)に勤務するAさん(25)は、「年収は400万円ほど。昔は定期昇給が良かったらしいのですが、今は年4000円ほど」と話す。

 その代わり、成果を出せば年収1000万円くらいになるそうだ。

「ヒットに恵まれないと難しいですね。儲けが出ているのですから、もっと社員に分けて欲しいです」

 一方、女性活用に積極的で産休・育休はもちろん、時短勤務や生理休暇もあり、管理職に就く者も少なくない。

「女性向けのゲームに特化しているだけあり、若い女性エンジニアが多く働いています。また、他の会社にはないエンタメ早退という制度があり、音楽ライブや演劇観賞のために3カ月に1度のペースで“業務”として取得できます。勤務時間は割と自由で、遅くまで働く日、早く帰る日とメリハリを付けられるのがいいですね。私の上司も女性なのですが、感情や感覚が先に立つことが多く、やりにくい面もあります。イケメンにはもれなく優しいんですけどね」とAさん。

 どうやら女心がわかる社員が出世する会社のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る