【ボルテージ】ライブ観賞のためのエンタメ早退制度あり

公開日:  更新日:

 間もなくやってくるホワイトデー。何を贈ればいいのやら? そんなあなたには、恋愛シミュレーションゲームが参考になるかも。

 女性向けインターネットコンテンツ販売を手掛ける「ボルテージ」(東証1部)に勤務するAさん(25)は、「年収は400万円ほど。昔は定期昇給が良かったらしいのですが、今は年4000円ほど」と話す。

 その代わり、成果を出せば年収1000万円くらいになるそうだ。

「ヒットに恵まれないと難しいですね。儲けが出ているのですから、もっと社員に分けて欲しいです」

 一方、女性活用に積極的で産休・育休はもちろん、時短勤務や生理休暇もあり、管理職に就く者も少なくない。

「女性向けのゲームに特化しているだけあり、若い女性エンジニアが多く働いています。また、他の会社にはないエンタメ早退という制度があり、音楽ライブや演劇観賞のために3カ月に1度のペースで“業務”として取得できます。勤務時間は割と自由で、遅くまで働く日、早く帰る日とメリハリを付けられるのがいいですね。私の上司も女性なのですが、感情や感覚が先に立つことが多く、やりにくい面もあります。イケメンにはもれなく優しいんですけどね」とAさん。

 どうやら女心がわかる社員が出世する会社のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る