元J選手経営者“SOS” スペインで「うどん屋」名乗れないワケ

公開日: 更新日:

 スペイン在住の元Jリーガーの経営する「うどん屋」が商標をめぐってピンチに陥っている。

 ヴェルディ川崎などで活躍した石塚啓次氏は、2014年6月、バルセロナにうどん屋「宵宵祇園」をオープン。しかし最近になって突然、〈うどんの商標取られてるので、10日以内に以下の要求に従って下さい〉という手紙が弁護士から届いたと、自身のフェイスブックで明らかにした。〈看板からうどんの文字を外す〉〈ネットでもうどんという言葉を使わない〉などと要求されたという。

 石塚氏は〈お金と時間ないので従います〉と書いていて、「うどん屋」の呼称をやめざるをえない様子。〈クールジャパンの人たすけてや! 助けへんかったら、クールちゃうで!〉とSOSを送っている。

 海外で日本食の名前が使えないんじゃ、商売にもPRにもダメージだし、国益も損なう。日本政府は「クールジャパン戦略」なんてカッコつけているが、この問題にどう対処するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る