元J選手経営者“SOS” スペインで「うどん屋」名乗れないワケ

公開日:  更新日:

 スペイン在住の元Jリーガーの経営する「うどん屋」が商標をめぐってピンチに陥っている。

 ヴェルディ川崎などで活躍した石塚啓次氏は、2014年6月、バルセロナにうどん屋「宵宵祇園」をオープン。しかし最近になって突然、〈うどんの商標取られてるので、10日以内に以下の要求に従って下さい〉という手紙が弁護士から届いたと、自身のフェイスブックで明らかにした。〈看板からうどんの文字を外す〉〈ネットでもうどんという言葉を使わない〉などと要求されたという。

 石塚氏は〈お金と時間ないので従います〉と書いていて、「うどん屋」の呼称をやめざるをえない様子。〈クールジャパンの人たすけてや! 助けへんかったら、クールちゃうで!〉とSOSを送っている。

 海外で日本食の名前が使えないんじゃ、商売にもPRにもダメージだし、国益も損なう。日本政府は「クールジャパン戦略」なんてカッコつけているが、この問題にどう対処するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る