<第4回>「マザー・テレサの『死を待つ人の家』を東京につくりませんか?」

公開日:  更新日:
「きぼうのいえ」礼拝堂に並ぶ遺影や遺骨(C)日刊ゲンダイ

「もともと僕は絵に描いたような哲学青年でした。『人生は不可解なり』って華厳の滝に身を投げた藤村操さんという明治時代の学生さんのような」

 東京・山谷のドヤ街を歩き、顔見知りのホームレスと挨拶を交わす山本雅基(52)。山谷を福祉タウンとして再生する事業…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る