首都高値上げで珍現象 渋滞避け「二度乗り」で得する裏技

公開日: 更新日:

 4月1日から首都高の料金が値上げされ、従来のETC普通車の510~930円が、300~1300円になった。最大料金だけ比較すれば370円の大幅値上げだ。

「利用距離に応じて6キロごとに上限930円(24キロ超)だった旧料金に対して、新料金は下限300円から0・1キロごとに10円単位で課金していく仕組みです。これにより、距離に応じたきめ細かな料金体系を目指しました」

 こう言うのは、首都高速道路株式会社の広報担当者だ。利用距離が18キロまでなら旧料金(~720円)より安くなるが、18キロを超えた場合は旧料金より高い。

 ところがこの新料金、意外なところに“裏技”があった。

「実は、首都高から一般道に降りて、別のインターで再び首都高に乗って目的地まで行く“二度乗り”をすると、区間によっては料金が安くなるのです。意図的にそれを目指したわけではないのですが、渋滞を避けて高速料金をお得にするという利用法も可能になりました」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る