首都高値上げで珍現象 渋滞避け「二度乗り」で得する裏技

公開日:  更新日:

 4月1日から首都高の料金が値上げされ、従来のETC普通車の510~930円が、300~1300円になった。最大料金だけ比較すれば370円の大幅値上げだ。

「利用距離に応じて6キロごとに上限930円(24キロ超)だった旧料金に対して、新料金は下限300円から0・1キロごとに10円単位で課金していく仕組みです。これにより、距離に応じたきめ細かな料金体系を目指しました」

 こう言うのは、首都高速道路株式会社の広報担当者だ。利用距離が18キロまでなら旧料金(~720円)より安くなるが、18キロを超えた場合は旧料金より高い。

 ところがこの新料金、意外なところに“裏技”があった。

「実は、首都高から一般道に降りて、別のインターで再び首都高に乗って目的地まで行く“二度乗り”をすると、区間によっては料金が安くなるのです。意図的にそれを目指したわけではないのですが、渋滞を避けて高速料金をお得にするという利用法も可能になりました」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る