多忙な人ほど効果的 社外で仕事「プチノマド」の良さとは

公開日: 更新日:

「カフェで仕事しているノマドワーカーをいけすかない奴らだと思っていたんですが、いざやってみたら残業時間が週8時間は減りました」と言うのはメーカーの営業部で課長を務めるAさん(49)。1年前、出先で仕事をする「プチノマド」を始めたところ、仕事からあがれる時間が劇的に早くなったという。

 リクルートワークス研究所の調査(2015年)によると、日本の課長の1日当たりの労働時間は「10時間以上」が36.9%、「8時間以上10時間未満」が52・6%で、合わせてほぼ9割に達する。しかも現場の仕事を持っているケースが多く、Aさんもそのひとりだった。

 それなのに時短に成功したのは“雑務”を社内、“メーン”を社外に逆転させたところにある。外出したついでにカフェで経営戦略のリポート作成など熟考作業をこなした。会議でプレゼンするシートの大枠を外で作り、会社では細かい数字を入れて完成させる。社内にいるときと違って思考を中断されることがなくなり、効率が上がったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る