多忙な人ほど効果的 社外で仕事「プチノマド」の良さとは

公開日:  更新日:

「カフェで仕事しているノマドワーカーをいけすかない奴らだと思っていたんですが、いざやってみたら残業時間が週8時間は減りました」と言うのはメーカーの営業部で課長を務めるAさん(49)。1年前、出先で仕事をする「プチノマド」を始めたところ、仕事からあがれる時間が劇的に早くなったという。

 リクルートワークス研究所の調査(2015年)によると、日本の課長の1日当たりの労働時間は「10時間以上」が36.9%、「8時間以上10時間未満」が52・6%で、合わせてほぼ9割に達する。しかも現場の仕事を持っているケースが多く、Aさんもそのひとりだった。

 それなのに時短に成功したのは“雑務”を社内、“メーン”を社外に逆転させたところにある。外出したついでにカフェで経営戦略のリポート作成など熟考作業をこなした。会議でプレゼンするシートの大枠を外で作り、会社では細かい数字を入れて完成させる。社内にいるときと違って思考を中断されることがなくなり、効率が上がったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る