• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

多忙な人ほど効果的 社外で仕事「プチノマド」の良さとは

「カフェで仕事しているノマドワーカーをいけすかない奴らだと思っていたんですが、いざやってみたら残業時間が週8時間は減りました」と言うのはメーカーの営業部で課長を務めるAさん(49)。1年前、出先で仕事をする「プチノマド」を始めたところ、仕事からあがれる時間が劇的に早くなったという。

 リクルートワークス研究所の調査(2015年)によると、日本の課長の1日当たりの労働時間は「10時間以上」が36.9%、「8時間以上10時間未満」が52・6%で、合わせてほぼ9割に達する。しかも現場の仕事を持っているケースが多く、Aさんもそのひとりだった。

 それなのに時短に成功したのは“雑務”を社内、“メーン”を社外に逆転させたところにある。外出したついでにカフェで経営戦略のリポート作成など熟考作業をこなした。会議でプレゼンするシートの大枠を外で作り、会社では細かい数字を入れて完成させる。社内にいるときと違って思考を中断されることがなくなり、効率が上がったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る