ジョニー・デップはドロ沼 中年男性“年の差婚”の落とし穴

公開日: 更新日:

「プロ彼女は、年上男性に好かれるノウハウを身に付けています。白いブラウスに、ひざが隠れるぐらいのスカートという清楚ないでたちをしている相手は要注意。『親が厳しかったので……』と口にするのも、いいコを装う方便です。男性が世間ずれしていない若い女性に弱いことを知った上での発言ですね。また、『付き合った男性は少ない』とか『身持ちが堅い』などは、『結婚対象になりそうなカネや地位のある人じゃなければ相手にしない』と言っているのと同じです。つまり、合理的で計算高いタイプ。決して近づいてはいけません」(池内ひろ美氏)

 この手の女性は友人も選別する。自分に似たような連中とだけつるむという。ここもプロ彼女を見分けるポイントだ。さりげなく友達のことを聞いてみて、バラエティーに富んでいるか探るといい。

 もちろん、「プレゼントや旅行をねだる相手は論外。結婚後はカードや通帳を好きに使われ、気が付いたときはスッカラカンで離婚を迫られるという悲惨な事態を招きかねません」(池内ひろ美氏)。

 気ままな独身暮らしを卒業して所帯を持とうかなと思っている中高年サラリーマンは、相手の若さだけに目を奪われ、浮かれないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  8. 8

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  9. 9

    大船渡・佐々木 1球も投げず初戦敗退で浮上する“故障疑惑”

  10. 10

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る